逆に、ゲームが好きなユーザー側でもそういった異分子に過剰反応してしまってSJW(Social Justice Warrior)に変質してしまっている人もそこそこ存在しており、「サイバーカスケード」が出来上がってきていてこれもまた悩ましい。なので、変に大局的な行動をとると逆に波が立つので、うまいこと議論もへったくれもない誹謗中傷勢をパージしていく作業が必要との認識をしている。

具体的な行動を言うと、ひっじょーに地味な作業なのだが、

  • 誹謗中傷勢の切り分け
  • 誹謗中傷勢リスイン
  • リストから魚拓をポチポチと取っていく

あくまでユーザーは当事者ではないため、当事者が判断材料として積めるものをひたすらに積んでいくのがメイン。

また、あちら側の勢いを削ぐための有効打があるが、それについてはそれぞれが自発的にやり始めているので、誰が音頭をとる必要があるわけでもない。独立したスタンドプレーによるチームワークが大事。